• 本

大清帝国と中華の混迷

講談社学術文庫 2470 興亡の世界史

出版社名 講談社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-06-292470-2
4-06-292470-6
税込価格 1,361円
頁数・縦 395P 15cm

商品内容

要旨

北東アジアの雄・ヌルハチ率いる満洲人の国家は、長城を越えて漢人を圧倒し、大版図を実現した。康煕帝・雍正帝・乾隆帝が治めた最盛期から、アヘン戦争・日清戦争を経て、ラストエンペラー・溥儀、西太后、孫文らが登場する清末まで、栄光と苦闘の三〇〇年を描き出す。「中華の文明」ではなく、チベット仏教に支えられた、輝ける大帝国の苦悩とは。

目次

序章 「東アジア」を疑う
第1章 華夷思想から明帝国へ
第2章 内陸アジアの帝国
第3章 盛世の闇
第4章 さまよえる儒学者と聖なる武力
第5章 円明園の黙示録
第6章 春帆楼への茨の道
終章 未完の清末新政

おすすめコメント

乾隆帝の巨大な遺産が今もこの国を悩ませている。満州人が長城を越えて建設した大帝国の栄光と瓦解の歴史。現代中国最大の矛盾とは?

著者紹介

平野 聡 (ヒラノ サトシ)  
1970年神奈川県生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学。博士(法学)。東京大学大学院法学政治学研究科教授。専門はアジア政治外交史。著書に『清帝国とチベット問題―多民族統合の成立と瓦解』(サントリー学芸賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)