• 本

道徳を基礎づける 孟子vs.カント、ルソー、ニーチェ

講談社学術文庫 2463

出版社名 講談社
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-06-292474-0
4-06-292474-9
税込価格 1,242円
頁数・縦 357P 15cm

商品内容

要旨

井戸に落ちそうな子供を助けることは憐れみなのか、義務なのか。ルソーもカントも道徳を基礎づけることを試みた。しかし「誰も成功していない」(ショーペンハウアー)。ニーチェは道徳の系譜学へと目を向けた。そして今、思想史を相対化し伝統を確認しながら、著者は孟子との対話を始める。賢者の石は、中国思想を批判的に揺さぶり続けたその先にある。

目次

1 憐れみをめぐる問題(忍びざるものを前にして
基礎づけか比較か―あるいは基礎づけのための比較 ほか)
2 性と生について(人性論
善か悪か ほか)
3 他者への責任(人間性、連帯
天下を憂う)
4 意志と自由(妄想的な意志?
自由な観念なしに)
5 幸福と道徳の関係(正義は地上に存す
地は天に肩を並べる ほか)

おすすめコメント

井戸に落ちそうになった子どもを助けようとするのはなぜか――孟子と、西欧啓蒙哲学者たちの議論を戦わせつつ、普遍に迫る快著!

著者紹介

ジュリアン,フランソワ (ジュリアン,フランソワ)   Jullien,Fran〓ois
1951年生まれ。フランスの高等師範学校で古典学を学び、ギリシア哲学研究の後、中国思想に取り組む。パリ第七大学教授
中島 隆博 (ナカジマ タカヒロ)  
1964年生まれ。東京大学教授。中国哲学専攻
志野 好伸 (シノ ヨシノブ)  
1970年生まれ。明治大学准教授。中国哲学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)