• 本

日本永代蔵 全訳注

講談社学術文庫 2475

出版社名 講談社
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-06-292475-7
4-06-292475-7
税込価格 1,555円
頁数・縦 446P 15cm

商品内容

要旨

生真面目すぎる商人、ドラ息子、度を越した吝嗇たち。越後屋は「現金掛け値なし」で大当たり、一方別の二代目は金を使い込んで勘当、物乞いに説教をくらう。元禄前夜、富を築き、また守らんとあがく庶民の姿を活写した、井原西鶴による町人物浮世草子の大傑作。人間の面白さと、お金の稼ぎ方を教えてくれる、江戸期以来のベストセラーを完全新訳。

目次

初午は乗てくる仕合
二代目に破る扇の風
浪風静に神通丸
昔は掛算今は当座銀
世は欲の入札に仕合
世界の借屋大将
怪我の冬神鳴
才覚を笠に着る大黒
天狗は家な風車
舟人馬かた鐙屋の庭〔ほか〕

著者紹介

井原 西鶴 (イハラ サイカク)  
寛永19(1642)‐元禄6(1693)。俳諧師、浮世草子作家。『好色一代男』『世間胸算用』など
矢野 公和 (ヤノ キミオ)  
1943年東京生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修了。文学博士。元東京女子大学教授
有働 裕 (ウドウ ユタカ)  
1957年兵庫県生まれ。東京学芸大学大学院教育学研究科修了。教育学修士。現在、愛知教育大学教授
染谷 智幸 (ソメヤ トモユキ)  
1957年東京都生まれ。上智大学大学院博士前期課程修了。文学博士。現在、茨城キリスト教大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)