• 本

天皇の歴史 4

天皇と中世の武家

講談社学術文庫 2484

出版社名 講談社
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-06-292484-9
4-06-292484-6
税込価格 1,307円
頁数・縦 375P 15cm
シリーズ名 天皇の歴史

商品内容

要旨

日本史上初めての本格的な内戦、「一一八〇年代内乱」に勝利した源頼朝は、武士の新しい政治組織、鎌倉幕府を樹立。政治体制は朝廷の単独支配から幕府との共同支配へと変化する。皇統をめぐる朝廷の動揺と、朝廷再建を図る頼朝、後醍醐天皇、足利義満の構想など朝廷・幕府体制の曲折をたどり、古典を鑑として秩序を求めた人々の営為を明らかにする。

目次

第1部 鎌倉幕府と天皇(平安時代の朝廷とその動揺
朝廷・幕府体制の成立
後鳥羽院政と承久の乱
鎌倉時代中・後期の朝廷・幕府体制)
第2部 「古典」としての天皇(朝廷の再建と南北朝の争い
足利義満の宮廷
「天皇家」の成立
古典を鑑とした世界)
近世国家への展望

おすすめコメント

12紀末、鎌倉幕府が誕生し、朝廷・幕府体制が開幕。朝廷再建を巡る頼朝、後醍醐、義満の構想から、中世の天皇と武家の役割を解明。

著者紹介

河内 祥輔 (コウチ ショウスケ)  
1943年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。北海道大学教授、法政大学教授を経て北海道大学名誉教授
新田 一郎 (ニッタ イチロウ)  
1960年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。東京大学教授。日本法制学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)