• 本

明治維新史 自力工業化の奇跡

講談社学術文庫 2494

出版社名 講談社
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-06-292494-8
4-06-292494-3
税込価格 1,620円
頁数・縦 425P 15cm

商品内容

要旨

強大な外圧を前に倒幕を果たした維新の志士と、開国の波をのりこえ産業の近代化に歩みだした豪商農を支えたものは澎湃とする「独立の精神」だった―。黒船来航から西南戦争まで、近代国家揺籃期の光と影は現代にまで続いている。新しい国のかたちを模索した激動の時代を、政治や社会そして経済・産業をふまえて立体的に描きだす、清新な明治維新通史。

目次

世界市場と維新変革―はじめに
広がる黒船ショック
反動の嵐と始まる貿易
攘夷の行きつくところ
尊王攘夷から倒幕へ
世直しと戊辰戦争
廃藩置県への苦悩
文明開化の光と影
大久保内務卿の独裁
ブルジョアジーの誕生〔ほか〕

おすすめコメント

幕末から維新へ。強大な外圧を前にした混沌のなか、時代の扉をおしあけた人々の「独立の精神」、そしてものづくり大国の出発点とは。

著者紹介

石井 寛治 (イシイ カンジ)  
1938年生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。東京大学大学院経済学研究科教授、東京経済大学経営学部教授を経て、東京大学名誉教授、日本学士院会員。経済学博士(東京大学)。専門は日本経済史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)