• 本

エスの本 ある女友達への精神分析の手紙

講談社学術文庫 2495

出版社名 講談社
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-06-292495-5
4-06-292495-1
税込価格 1,706円
頁数・縦 462P 15cm

商品内容

要旨

「人間は、自分の知らないものに動かされている」。フロイト理論に多大な影響を与えた医師グロデックが、フロイトへの書簡を元に、架空の女友達にむけて「エス」を説明した本。「知ろうとするのをやめ、空想する決心をすれば、無意識の奥深く突入することができます」。混沌として論理的な世界の理をあかし、「病」の概念を変える心身治療論。

出版社・メーカーコメント

「人間は、自分の知らないものに動かされている」。フロイトの理論に大きな影響を与えた医師グロデックが、フロイトへの書簡を元に、架空の女友達にむけて「エス」を説明したのが本書である。「知ろうとするのをやめ、空想する決心をすれば、無意識の奥深く突入することができます」。混沌として論理的な世界の理をあかし、「病」の概念すら変える心身治療論。

著者紹介

グロデック,ゲオルク (グロデック,ゲオルク)   Groddeck,Georg
1866‐1934。ベルリン大学医学部卒業。大学ではシュヴェニンガーに師事。1900年、バーデン=バーデンでサナトリウムを開業し、マッサージ、温浴、食餌療法による治療にあたる。1917年にフロイトに初めて書簡を送る。「エス」や「転移」といったよく知られた概念はグロデックが提唱、二人の書簡でさかんに議論された。1923年、フロイトが論文「自我とエス」にて、グロデックの概念に変更をくわえた「エス」理論を発表。これが精神分析学界に導入される。この年を境にフロイトとは疎遠になり、その後は学会から離れ独自に臨床と研究を続けた
岸田 秀 (キシダ シュウ)  
精神分析学者、文筆家。和光大学名誉教授
山下 公子 (ヤマシタ キミコ)  
ドイツ文学者。早稲田大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)