• 本

花篝 御探し物請負屋

講談社文庫 あ130−1

出版社名 講談社
出版年月 2015年3月
ISBNコード 978-4-06-293050-5
4-06-293050-1
税込価格 825円
頁数・縦 325P 15cm

商品内容

要旨

前髪立ちの十六歳にして、御探し物請負屋の看板を掲げる文平。蒔絵の文箱、消えた盆栽…失せ物に篭められた人の想いまで取り戻すのが文平の信条。助っ人は二枚目の哲哉とごつい岩五郎の部屋住みの二人。文平が探し物に躍起になる理由は、二年前の桜の宵の出来事にあった。

おすすめコメント

手習い師匠の息子藤井文平は齢十六。小柄で元服前の前髪立ちのためよく子供扱いされるが、二年ほど前から「御探し物請負い屋」の看板をかかげている。知り合った色男の森川哲哉と大柄な本田岩五郎が、暇つぶしの助っ人を買って出てくれている。二人とも旗本家の部屋住みだが剣の腕はあり、昌平黌で学んだ俊才でもある。請負い屋の本領は、失せ物が見つかってからにある。江戸に生きる人々の機微を切なく描く連作時代小説。

著者紹介

浅野 里沙子 (アサノ リサコ)  
東京都生まれ。2009年『六道捌きの龍闇の仕置人無頼控』(光文社文庫)でデビュー。時代小説を中心に活躍、北森鴻氏の遺志を継ぐ「蓮丈那智フィールドファイル」シリーズの『邪馬台』(新潮文庫)『天鬼越』(新潮社)を北森鴻との連名で刊行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)