• 本

喧嘩猿

講談社文庫 き52−7

出版社名 講談社
出版年月 2015年7月
ISBNコード 978-4-06-293129-8
4-06-293129-X
税込価格 713円
頁数・縦 355P 15cm

商品内容

要旨

時は幕末。十六歳の捨吉は名刀・池田鬼神丸と自分の左眼を奪った「黒駒の勝蔵」を追って故郷を飛び出す。千に一つの島破りを成功させた伝説のやくざ「武居の吃安」と出会った彼は、やがて凄絶なる戦いの渦に巻き込まれてゆく。「森の石松」が次郎長の子分となる前の若き姿を描くアウトロー講談小説登場!

おすすめコメント

生きて、死ぬだけ。幕末アウトロー揃い踏み! 時は幕末。十六歳の捨吉は名刀・池田鬼神丸と自分の左眼を奪った「黒駒の勝蔵」を追って故郷を飛び出す。千に一つの島破りを成功させた伝説のやくざ「武居の吃安」と出会った彼は、やがて凄絶なる戦いの渦に巻き込まれてゆく。「森の石松」が次郎長の子分となる前の若き姿を描くアウトロー講談小説登場! 黒駒の勝蔵、武居の吃安、法印大五郎、佑天仙之助…… 迷いなく純粋な十六歳の森の石松が出会った男たち。講談<ライブ>×小説<エンタメ>の新ジャンル

出版社・メーカーコメント

生きて、死ぬだけ。幕末アウトロー揃い踏み! 時は幕末。十六歳の捨吉は名刀・池田鬼神丸と自分の左眼を奪った「黒駒の勝蔵」を追って故郷を飛び出す。千に一つの島破りを成功させた伝説のやくざ「武居の吃安」と出会った彼は、やがて凄絶なる戦いの渦に巻き込まれてゆく。「森の石松」が次郎長の子分となる前の若き姿を描くアウトロー講談小説登場! 黒駒の勝蔵、武居の吃安、法印大五郎、佑天仙之助……迷いなく純粋な十六歳の森の石松が出会った男たち。講談<ライブ>×小説<エンタメ>の新ジャンル

著者紹介

木内 一裕 (キウチ カズヒロ)  
1960年福岡生まれ。’83年、『BE‐BOP‐HIGHSCHOOL』で漫画家デビュー。2004年、初の小説『藁の楯』を上梓。同書は’13年に映画化もされた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)