• 本

佐渡の三人

講談社文庫 な77−3

出版社名 講談社
出版年月 2015年12月
ISBNコード 978-4-06-293229-5
4-06-293229-6
税込価格 648円
頁数・縦 193P 15cm

商品内容

要旨

物書きの「私」は、ひきこもりの弟、古道具屋の父とともに佐渡への旅に出る。目的は、祖父母の隣家に住む「おばちゃん」の骨を、郷里の墓に納骨すること。ところが、骨壷をユニクロの袋に入れて運ぶくらい儀礼に構わぬ一族のこと、旅は最初から迷走気味で…。ちょっとズレた家族をしみじみ描いた快作。

おすすめコメント

物書きの「私」は、ひきこもりの弟、古道具屋の父とともに佐渡への旅に出る。目的は、祖父母の隣家に住む「おばちゃん」の骨を、郷里の墓に納骨すること。ところが、骨壷をユニクロの袋に入れて運ぶくらい儀礼に構わぬ一族のこと、旅は最初から迷走気味で……。ちょっとズレた家族をしみじみ描いた快作。羽田圭介さん激賞! 「長嶋さんの文章テクニックに、僕はいつも驚かされます」 狙ってもいないのに笑いをとる、ちょっとズレた三人。”納骨の旅”がなんでこんなに可笑しいの??

著者紹介

長嶋 有 (ナガシマ ユウ)  
1972年、埼玉県生まれ。東洋大学第2部文学部国文学科卒業。2001年、「サイドカーに犬」で第92回文學界新人賞を受賞しデビュー。’02年、「猛スピードで母は」で第126回芥川賞、’07年、『夕子ちゃんの近道』で第1回大江健三郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)