• 本

猫のよびごえ

講談社文庫 ま46−14

出版社名 講談社
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-06-293539-5
4-06-293539-2
税込価格 670円
頁数・縦 269P 15cm

商品内容

要旨

海岸で出会ったきわめて人なつこい猫。野良では生きていけない猫だが、家にはすでに多くの猫が。連れて帰るか否か、激しい葛藤の末ついに―ともに遊び、世話をして、怒られ、謝りながらみんなと生きている時間。猫たちとの、せつなくもいとおしい日々を描きつづけたベストセラーフォトエッセイ、最終巻。

目次

ビーチの到来
ネムリ・キョーシローの到来
「死にしなの茶碗」と猫たちの怒り
茶室の猫たちの移動
甘やかしの問題
エルのマーキングの問題
奈奈の全員敵視政策

おすすめコメント

自宅の猫たちと仕事場の猫たち、皆がいっしょに暮らせるよう移り住んだ静岡県、熱海の家に、また新たな猫がやってくる。海岸で出会ったきわめて人なつこい猫。「ネムちゃん」という名があまりに似合わずネムリ・キョーシローと名付け直した不細工猫。次々にやってくる新参猫に加え、一階で保護犬を飼い始めると猫たちは激怒して……。なにげない出来事を積み重ね、愛おしい日々を、人と猫とで生きていく、傑作エッセイついに完結!

著者紹介

町田 康 (マチダ コウ)  
作家・パンク歌手。1962年大阪府生まれ。高校時代からバンド活動を始め、伝説的なパンクバンド「INU」を結成、’81年『メシ喰うな』でレコードデビュー。’92年に処女詩集『供花』刊行。’96年に発表した処女小説「くっすん大黒」で野間文芸新人賞、ドゥマゴ文学賞を受賞。2000年「きれぎれ」で芥川賞、’01年『土間の四十八滝』で萩原朔太郎賞、’02年「権現の踊り子」で川端康成文学賞、’05年『告白』で谷崎潤一郎賞、’08年『宿屋めぐり』で野間文芸賞をそれぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)