• 本

黒薔薇 刑事課強行犯係神木恭子

講談社文庫 ふ82−1

出版社名 講談社
出版年月 2017年2月
ISBNコード 978-4-06-293592-0
4-06-293592-9
税込価格 886円
頁数・縦 459P 15cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

大阪府警の新人刑事・神木恭子は、担当した殺人事件を、別件で関わった老人の訴えを元に解決した。だが老人宅から七体もの死体が発見される。それは府警上層部が隠匿する黒い闇の一部だった。真実を暴こうとする神木だったが、彼女自身もその闇に呑み込まれていく。警察の暗部を元刑事が描く本物の警察小説。

おすすめコメント

強行犯係の刑事となった神木恭子。着任早々殺人事件の捜査本部に配属される。捜査は難航し、本部解散の声が聞かれ始めたとき、偶然にも神木と関わった老人、安本恒吉から事件解決の糸口が見つかり、乾義男が容疑者として浮上する。神木らは、恒吉の孫娘のリサと逃走した義男を逮捕するため立ち寄り先に向かうが、神木は行き場のないリサを自宅に連れ帰る。そして、二つの事件は奇妙に絡み合っていく――。

著者紹介

二上 剛 (フタカミ ゴウ)  
1949年大阪府生まれ。高校卒業後、大阪府警の警察官となり、某警察署の暴力犯担当刑事を務める。退職後、『黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子』(受賞作『砂地に降る雨』を改題)で、第2回本格ミステリーベテラン新人発掘プロジェクトからデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)