• 本

小旋風(つむじかぜ)の夢絃

講談社文庫 こ89−1

出版社名 講談社
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-06-293655-2
4-06-293655-0
税込価格 748円
頁数・縦 331P 15cm

商品内容

要旨

春秋後期の中国。十五歳の小旋風は、家業の盗掘を手伝わされていたが、事故で養父と死別。その際に発見した華麗な琴を高く売って新生活の糧にしようと思いつくのだったが、その琴のせいで幽鬼のような謎の女性に追い回されることになる―。少年の夢と野心の行方に手に汗握る第9回小説現代長編新人賞受賞作。

おすすめコメント

●中国春秋後期の衛(えい)国。15歳の孤児である小旋風は盗掘を生業とする養父に育てられた。彼はいつものように王侯貴族の墓を掘り起こしている最中、数百年前の少女の亡骸を発見する。さらに驚くべきことには、その遺体は伝説の楽器と思しき華麗な琴とともに横たわっていた。それには金銀宝石よりも高く売れる可能性を秘めていると小旋風は直感する。持ち前の弁舌を駆使すれば一攫千金も夢ではないと目論んだ彼は、富裕層のいる都へと旅立つのだったが……。

著者紹介

小島 環 (コジマ タマキ)  
1985年名古屋市生まれ。愛知県立大学外国語学部中国学科在学中より小説を書き始める。卒業後、工作機械メーカーに勤務した後、建築デザインを学びながら執筆を続け、2014年『小旋風の夢絃』で第9回小説現代長編新人賞を受賞しデビューする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)