• 本

修羅の終わり 下 新装版

講談社文庫 ぬ2−6

出版社名 講談社
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-06-293705-4
4-06-293705-0
税込価格 929円
頁数・縦 487P 15cm
シリーズ名 修羅の終わり

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

謎の少女・小織の一言を手がかりに、失った記憶を探し始める僕。自分は一体何者だ?姉はなぜ死んだ?捜査中にレイプを繰り返す悪徳刑事・鷲尾、秘密結社“夜叉の爪”を追う公安刑事・久我。時代を超えて錯綜し絡み合う三人の修羅は、やがて予想を裏切る驚愕のクライマックスへと登りつめていく…。

おすすめコメント

記憶をなくした僕を戦慄させた奇妙な一言、「あなたは前世で私の恋人だったの」。謎の少女・小織の一言を手がかりに、失った記憶を探し始める。自分は一体何者だ?姉はなぜ死んだ?レイプを繰り返す警官・鷲尾、秘密結社“夜叉の爪”を追う公安刑事・久我、記憶喪失の〈僕〉が、錯綜しながら驚愕のクライマックスへと登りつめる。現在最も注目集める作家貫井徳郎の知らせざる傑作本格ミステリー。記憶喪失の青年と刑事が時代を超えて絡み合う連続爆破事件の行末を描く、大長編サスペンス。

著者紹介

貫井 徳郎 (ヌクイ トクロウ)  
1968年東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業。1993年に第4回鮎川哲也賞の最終候補作となった『慟哭』(創元推理文庫)で作家デビュー。2010年に『乱反射』(朝日文庫)で第63回日本推理作家協会賞を、『後悔と真実の色』(幻冬舎文庫)で第23回山本周五郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)