• 本

おまめごとの島

講談社文庫 な94−2

出版社名 講談社
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-06-293712-2
4-06-293712-3
税込価格 792円
頁数・縦 375P 15cm

商品内容

要旨

無駄にイケメンな三十代、高橋秋彦と恋も結婚も諦めたアラフォーの三輪言問子。どちらも東京での居場所をなくし、ここ小豆島に人生をリセットするためにやってきたが―。家庭から逃げ出したい真奈美や超絶美少女・遙の出現で平穏な島が大揺れに。軽妙な筆致で描かれる笑いと涙の、ノンストップ家族小説。

おすすめコメント

東京から小豆島にやってきた無駄にイケメンな秋彦と、地味なアラフォー女子、言問子が巻き起こす、笑いと涙のノンストップ家族小説。

著者紹介

中澤 日菜子 (ナカザワ ヒナコ)  
1969年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。出版社勤務の後、劇作家として活躍。小説執筆にも取り組み、『お父さんと伊藤さん』(応募時タイトルは「柿の木、枇杷も木」)で第8回小説現代長編新人賞を受賞。戯曲では2007年に「ミチユキ→キサラギ」で第3回仙台劇のまち戯曲賞大賞、’12年に「春昼遊戯」で第4回泉鏡花記念金沢戯曲大賞優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)