• 本

八月十五日に吹く風

講談社文庫 ま73−17

出版社名 講談社
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-06-293744-3
4-06-293744-1
税込価格 799円
頁数・縦 424P 15cm

商品内容

要旨

アメリカが敵視した、人命を軽んじ易々と玉砕するという野蛮な日本人観が、一人の米軍諜報部員の報告で覆った。戦後占領政策転換の決め手となった一九四三年、北の最果てキスカ島での救出劇。日本は人道を貫き五千人の兵員を助けた。戦史に残る大規模撤退作戦を、日米双方の視点で描く感動の物語。

おすすめコメント

一九四三年に海軍で起きた衝撃の出来事、そして終戦を迎える日本。松岡圭祐の歴史小説第二弾、感動の太平洋戦争秘話。

著者紹介

松岡 圭祐 (マツオカ ケイスケ)  
1968年、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーになる。代表作の『千里眼』シリーズ(大藪春彦賞候補作)と『万能鑑定士Q』シリーズを合わせると累計1000万部を超える人気作家。『万能鑑定士Q』シリーズは2014年に綾瀬はるか主演で映画化され、ブックウォーカー大賞2014文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)