• 本

九年前の祈り

講談社文庫 お121−2

出版社名 講談社
出版年月 2017年12月
ISBNコード 978-4-06-293827-3
4-06-293827-8
税込価格 670円
頁数・縦 248P 15cm

商品内容

要旨

35歳になるさなえは、故郷の海辺の町へと戻った。幼い息子、希敏とともに。希敏の父、フレデリックは、美しい顔立ちだけを残し、母子の前から姿を消してしまった。“引きちぎられたミミズ”のように大騒ぎする子を持て余しながら、さなえの胸には、九年前のあの言葉がよみがえる。芥川賞受賞作を含む四篇を収録。

おすすめコメント

シングルマザーのさなえは、幼い息子の希敏をつれ、海辺の集落に戻ってきた。芥川賞受賞の表題作「九年前の祈り」他、四作を収録。

著者紹介

小野 正嗣 (オノ マサツグ)  
大分県蒲江町(現佐伯市)出身。東京大学教養学部卒業。同大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士課程単位取得退学。パリ第8大学Ph.D。立教大学文学部文学科文芸・思想専修教授。2001年、「水に埋もれる墓」で朝日新人文学賞受賞。’02年、『にぎやかな湾に背負われた船』で三島由紀夫賞受賞。’15年、「九年前の祈り」で芥川龍之介賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)