• 本

風の如く 吉田松陰篇

講談社文庫 と58−2

出版社名 講談社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-06-293908-9
4-06-293908-8
税込価格 994円
頁数・縦 546P 15cm
シリーズ名 風の如く

商品内容

要旨

父の咎により、武士ながら農作業をせねばならない風倉平九郎は、学問への欲求を募らせていた。松下村塾に連れられた平九郎は、吉田松陰と会う。国禁を破り、長州藩から処罰された松陰に平九郎はためらうが、国を憂う松陰の熱き想いに触れ、傾倒する。激動の幕末、信じる道を駆け抜けた志士たちの青春小説!

おすすめコメント

松下村塾で学ぶ風倉平九郎は、吉田松陰の影響を強く受ける。久坂玄瑞や高杉晋作、伊藤俊輔ら幕末の英雄の若き時代を描く青春群像!

著者紹介

富樫 倫太郎 (トガシ リンタロウ)  
1961年、北海道生まれ。’98年第4回歴史群像大賞を受賞した『修羅の跫』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)