• 本

池田屋乱刃

講談社文庫 い124−10

出版社名 講談社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-06-293912-6
4-06-293912-6
税込価格 864円
頁数・縦 422P 15cm

商品内容

要旨

幕末京都のいちばん長い夜、池田屋騒動。福岡祐次郎、北添佶摩、宮部鼎蔵、吉田稔麿…松陰や龍馬の周囲で懸命に生き、日本を変えようとした男たちは、志半ばで散ってしまうのか。そして生き延びた明治の元勲・木戸孝允こと桂小五郎が語る真実とは。注目の歴史作家が熱く、多面的にあの夜を描ききった!

おすすめコメント

その後日本は明治という近代国家に向かって加速していく――幕末京都の、熱くて一番長い夜。日本の礎となった男たちを描ききった連作

著者紹介

伊東 潤 (イトウ ジュン)  
1960年神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。2013年『国を蹴った男』で第34回吉川英治文学新人賞、『義烈千秋 天狗党西へ』で第2回歴史時代作家クラブ賞作品賞、『巨鯨の海』で第4回山田風太郎賞および第1回高校生直木賞(2014年)、2014年『峠越え』で第20回中山義秀賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)