• 本

異端審問ラボ 魔女の事件簿 3

講談社タイガ タA−03

出版社名 講談社
出版年月 2016年12月
ISBNコード 978-4-06-294054-2
4-06-294054-X
税込価格 713円
頁数・縦 254P 15cm
シリーズ名 異端審問ラボ

商品内容

要旨

千鳥と鶫、鳶の変わり者研究者たち三人が、この世界の禁忌『封じられた過去』へ近づくほどに、周囲で発生する不穏な事件。“遺跡を暴くと呪われる”という言葉をなぞるように、考古学研究所の発掘作業中に一人の人物が忽然と姿を消し、さらに鳶には密売容疑がかけられる。友人の嫌疑を晴らすため、千鳥たちは危険な捜査に乗り出すが…。世界の真実が明かされるシリーズ第三弾!

おすすめコメント

千鳥と鶫、鳶の変わり者研究者たち三人が、この世界の禁忌『封じられた過去』へ近づくほどに、周囲で発生する不穏な事件。<遺跡を暴くと呪われる>という言葉をなぞるように、考古学研究所の発掘作業中に一人の人物が忽然と姿を消し、さらに鳶には密売容疑がかけられる。友人の嫌疑を晴らすため、千鳥たちは危険な捜査に乗り出すが……。世界の真実が明かされる第三弾!

著者紹介

高里 椎奈 (タカサト シイナ)  
1999年、『銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談』で第11回メフィスト賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)