• 本

月食館の朝と夜 奇蹟審問官アーサー

講談社ノベルス ツG−05

出版社名 講談社
出版年月 2017年12月
ISBNコード 978-4-06-299116-2
4-06-299116-0
税込価格 994円
頁数・縦 252P 18cm

商品内容

要旨

「奇蹟」の真偽を判定する奇蹟審問官アーサー・クレメンスは、世界を放浪した陶芸家・萬生こと故・五十幡典膳の館を弟の甲斐と訪れた。翌朝、皆既月食を「月宮殿」で観測していた萬生の長男・昭が遺体で見つかり、館に招かれた一人も「万物ギャラリー」にて刺殺体で発見される。推理の果てに浮かび上がるのは、館の秘密の仕掛けか、神の遊戯か?アーサーの眼前に広がるのは…!?

おすすめコメント

皆既月食の翌朝、陶芸家が遺した不思議な館で見つかった二人の遺体。連続殺人もしくは奇蹟か? 奇蹟審問官アーサーが大きな謎に挑む

著者紹介

柄刀 一 (ツカトウ ハジメ)  
1959年、北海道生まれ。公募アンソロジー「本格推理」への参加を経て、98年、『3000年の密室』で有栖川有栖氏のエールを受けてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)