• 本

我々はなぜ我々だけなのか アジアから消えた多様な「人類」たち

ブルーバックス B−2037

出版社名 講談社
出版年月 2017年12月
ISBNコード 978-4-06-502037-1
4-06-502037-9
税込価格 1,080円
頁数・縦 283P 18cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

DNA解析の技術などが進み、約700万年前に遡る人類初期の歴史は、徐々に解明されつつある。だが、今なお真実を見きわめるのが困難な巨大なミステリーがあるのだという。それが本書のテーマだ。かつて、とくにアジアには多様な原人が生きていたのだが、現在の「我々」、すなわち現生人類ホモ・サピエンスは、人類学的には「均質」の種である。多様だった人類は、どこに消えたのか。本書では、人類進化学者の海部陽介氏によるものを中心とする最新の研究成果をもとに、アジアの人類進化を辿った後に、その謎について考察。我々の文明の行く末にも関係する、ある仮説にたどり着いている。著者はフリーランスの文筆家。日本テレビ報道局で科学報道に従事した後に独立。これまでに小説、ノンフィクション、科学書など多ジャンルの著書がある。なお、ダイジェスト本文中の引用符内の発言はすべて海部陽介氏によるものである。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2018年01月23日]

商品内容

文学賞情報

2018年 第34回 講談社科学出版賞受賞

要旨

教科書に載っているジャワ原人や北京原人だけではない。我々ホモ・サピエンスの出現前、アジアには実に多様な「人類」がいたことがわかってきた。そして「彼ら」は、我々の祖先と共存する「隣人」だったかもしれない!ならば、なぜ今、我々は我々だけなのだろうか?アジア人類進化学の第一人者に導かれ、「我々とは何か」を問いつづけた著者が最後に出会った衝撃の仮説とは?知的興奮に満ちた、我々のための新しい人類学!

目次

プロローグ 「アジアの原人」を発掘する
第1章 人類進化を俯瞰する
第2章 ジャワ原人をめぐる冒険
第3章 ジャワ原人を科学する現場
第4章 フローレス原人の衝撃
第5章 ソア盆地での大発見
第6章 台湾の海底から
終章 我々はなぜ我々だけなのか

おすすめコメント

地球上に存在した「人類」は我々ホモサピエンスだけではない。彼らはなぜ滅んだのか。我々はなぜ生き残ったのか。人類学の最新成果!

著者紹介

川端 裕人 (カワバタ ヒロト)  
文筆家。1964年兵庫県明石市生まれ、千葉市育ち。東京大学教養学部卒業。日本テレビ報道局で科学報道に従事し、1997年よりフリーランス
海部 陽介 (カイフ ヨウスケ)  
人類進化学者。1969年東京都生まれ。東京大学大学院理学系研究科博士課程中退。理学博士。国立科学博物館人類研究部人類史研究グループ長。「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」代表。アジアの人類化石に精通し、ジャワ原人やフローレス原人の研究によって第九回(平成二四年度)日本学術振興会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)