• 本

バカロレア幸福論 フランスの高校生に学ぶ哲学的思考のレッスン

星海社新書 122

出版社名 星海社
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-06-511232-8
4-06-511232-X
税込価格 994円
頁数・縦 190P 18cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

国際比較における日本人の「幸福度」の低さはしばしば話題になる。国際連合が毎年発表している『世界幸福度報告』の最新(2018年)のランキングで日本は前年より順位を下げ、54位だった。一方、フランスは上位“常連”の北欧諸国には及ばないものの23位だ。本書の著者は、この日仏の幸福度の差が「哲学」にあるとみている。多くのフランス人が幸福なのは、高校時代の哲学教育や、大学入学に必須な「バカロレア」の哲学試験対策によって「思考の型」を身に付けているからだという。本書では、その「思考の型」について、実際の哲学試験(哲学小論文)の例を挙げながら詳細に解説している。それは、日本人が「幸福」になるためのヒントにもなるものだ。著者は京都薬科大学准教授。ルノー財団奨学生としてフランス・ボルドーに留学し、ボルドー第三大学で博士号を取得。20世紀フランス思想史とバカロレア哲学試験の研究を進めている。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2018年04月10日]

商品内容

要旨

日本人が不幸なのは、哲学をやっていないからだ!!幸せのフレンチ・パラドックス―日本は、失業率も殺人発生率も肥満率も低いのに、幸福度だけフランスに負けている!アリストテレス、デカルト、スピノザ、カント、ニーチェ…フランスの高校生たちは、偉大な哲学者たちから学び、考え、自分で答えを出している!“バカロレア(フランスの大学入試問題)”でわかるフランス式幸せになる思考のエッセンス。

目次

1 フランス人は大学に入るために、幸福について考える―バカロレア哲学試験とは何だろうか?(フランスの「大学入試」バカロレア
コースで中身が大違いのバカロレア ほか)
2 「思考の型」を身に付けて「自分で考える」ようになる―バカロレア哲学試験で学ぶ思考の方法(学習参考書は考えるヒントの宝庫
「思考の型」を自分のものにするために ほか)
3 幸福とは何だろうか?―フランスの高校生が学ぶ哲学(幸福とは何か?
幸福は個人的なものか、集団的なものか? ほか)
4 現代人の幸福に関する悩みを考えてみる(「卑怯だろうが卑劣だろうが、幸福になれれば勝ちなのか?」
「孤独のなかで幸福でいられるのだろうか?」 ほか)
もっと知りたい人のためのブックガイド

おすすめコメント

「幸せとは何か?」に自力で答えを出す! フランス大学入試の哲学小論文と偉大な哲学者たちの幸福論で、論理的思考力を身につける。

著者紹介

坂本 尚志 (サカモト タカシ)  
京都薬科大学准教授。1976年兵庫県生まれ。京都大学文学部卒業、同大学院文学研究科修士課程を修了後、ルノー財団奨学生として2001年にフランス・ボルドーに留学。大学で日本語を教えたりしつつ、20世紀フランスの哲学者ミシェル・フーコーについての博士論文を書き上げ、ボルドー第三大学で博士号取得。2011年に帰国(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)