• 本

小池一夫のキャラクター進化論 2

変化と進化のスーパーキャラクター《へンしン・パ!》

星海社新書 126

出版社名 星海社
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-06-511437-7
4-06-511437-3
税込価格 1,080円
頁数・縦 349P 18cm
シリーズ名 小池一夫のキャラクター進化論

商品内容

要旨

すべてのクリエイター垂涎の秘伝の書!!永遠に不滅なキャラクターの創り方。

目次

第1章 見る者を魅了する「キャラクター」とは?(時を越えて残っていくヒット作には必ず「キャラクター」がいる
キャラクターのファンによって、作家は長生きする ほか)
第2章 奥義開陳!キャラクターを進化させる七つの「三位一体」とは(キャラクター進化の要点はいつも三つで一つ、「三位一体」だ
第1原則 “創る”“動かす”“活かす”―キャラクターを起てるために必要な三つの展開 ほか)
第3章 実践!あのキャラクターはこうして創り、変化し、進化した(意外性(ギャップ)でキャラクターを起てる
物でキャラクターを起てる ほか)
第4章 あのキャラクターはこう進化した!(高橋留美子『うる星やつら』のキャラ起て
ラムちゃんは課題から生まれた ほか)
第5章 キャラクターを進化させる「時間」(「時間感覚」がキャラクターをリアルにする
キャラクターを追い立てる「時間制限」 ほか)

おすすめコメント

小池一夫のキャラクター論完全版!!キャラクターは時代にあわせて進化させよ!クリエイターとして生き残るための7つの奥義を皆伝!

著者紹介

小池 一夫 (コイケ カズオ)  
作家、漫画原作者。中央大学法学部卒。大学時代より時代小説家・山手樹一郎氏に師事。1970年『子連れ狼』(画/小島剛夕)を執筆以来、漫画原作、小説、作詞、脚本など幅広い創作活動を行う。1977年より漫画家育成のため「劇画村塾」を開塾。独自の創作理論「キャラクター原論」を教え、多くのクリエイターを育てる。2000年以降は学校教育の中でも後進育成を行う。2004年米国漫画界のアカデミー賞といわれる「アイズナー賞」の「漫画家の殿堂入り」
山科 清春 (ヤマシナ キヨハル)  
編集者・漫画原作者・ライター。大阪芸術大学文芸学科卒。2003年より小池一夫氏の助手として大阪芸術大学キャラクター造形学科の立ち上げに参加。出版社で漫画雑誌・単行本などの編集を行った後、フリーに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)