• 本

姦通裁判 18世紀トランシルヴァニアの村の世界

星海社新書 129

出版社名 星海社
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-06-511636-4
4-06-511636-8
税込価格 1,188円
頁数・縦 285P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

一七六五年の夏。ヨーロッパの東のはずれ、トランシルヴァニア侯国のコザールヴァール村で、ある裁判の証人尋問が行われた。原告は領主の一人・イシュトヴァーン。そして被告は彼の妻・ユディト。罪状は「姦通」であった。のべ一〇〇人を超える証人の口から赤裸々に語られるのは、ユディトと間男・アダームの堂々たる逢瀬、これまでの赤裸々な男性遍歴と子どもたちの出生にまつわる疑念、魔女と媚薬、そして繰り返される暴力…。ユディトは果たしてただの淫蕩な女だったのか―?東欧史研究のトップランナーが証言記録を縦横に読み解き、ユディトらを取り巻く近世ヨーロッパの村の暮らしを復元し、事件の深層に迫る。新たな近世史科学入門。

目次

第1章 姦通事件
第2章 村と住民
第3章 閨房のなかで
第4章 日常性のリズム
第5章 日常の非日常性

おすすめコメント

領主の妻・ユディトの姦通裁判をめぐる証言記録。暴力・媚薬……生々しい記述を通じ、近世トランシルヴァニアの村が見えてくる。

著者紹介

秋山 晋吾 (アキヤマ シンゴ)  
東ヨーロッパ史研究者。1971年生まれ。筑波大学国際関係学群卒業。千葉大学大学院社会文化科学研究科修了、博士(文学)。現在、一橋大学大学院社会学研究科教授。17〜19世紀のハンガリー・ルーマニアを中心とする東ヨーロッパの社会史研究を専門とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)