• 本

地図の歴史 世界篇・日本篇

講談社学術文庫 2498

出版社名 講談社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-06-511728-6
4-06-511728-3
税込価格 1,296円
頁数・縦 349P 15cm
シリーズ名 地図の歴史

商品内容

要旨

文字よりも古い歴史をもつといわれる地図には人びとの世界観が描かれる。それは豊かな想像力と確かな科学が融合した、時代の観念の具象化にほかならない。人類はどのような観念を地図に込め、そして現実の世界とつなごうとしてきたのか―。斯界の泰斗が興味深い数多くのエピソードに百六十点超の豊富な図版を交えて綴る、最良の歴史地理学入門。

目次

世界篇(地図の起源
ギリシア・ローマ時代の地図
中世における世界図の退歩
近代地図のはじまり
地理的発見時代の地図 ほか)
日本篇(古代および中世の地図
近世初頭の世界図の発達
鎖国下の江戸時代の地図
蘭学と世界図
伊能忠敬の実測日本図の完成 ほか)

おすすめコメント

大地に記された人類の足跡、未知の地への飽くなき願望。時代の世界観を反映した地図の変遷を豊富な図版と興味深いエピソードで綴る。

著者紹介

織田 武雄 (オダ タケオ)  
1907〜2006。京都帝国大学史学科卒業。関西学院大学、立命館大学、京都大学で教授職を務める。京都大学名誉教授、人文地理学会会長。専攻は歴史地理学。文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)