• 本

ベスト本格ミステリ 2018

講談社ノベルス ホA−18

出版社名 講談社
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-06-511821-4
4-06-511821-2
税込価格 1,836円
頁数・縦 398P 18cm
シリーズ名 ベスト本格ミステリ

商品内容

要旨

プロが選んだ最高の本格ミステリがこの一冊に。

目次

小説(夜半のちぎり(岡崎琢磨)
透明人間は密室に潜む(阿津川辰海)
顔のない死体はなぜ顔がないのか(大山誠一郎)
首無館の殺人(白井智之)
袋小路の猫探偵(松尾由美))
葬式がえり(法月倫太郎)
カープレッドよりも真っ赤な嘘(東川篤哉)
使い勝手のいい女(水生大海)
掟上今日子の乗車券 第二枚 山麓オーベルジュ『ゆきどけ』(西尾維新)
虚構推理 ヌシの大蛇は聞いていた(城平京))
評論(吠えた犬の問題―ワトスンは語る(有栖川有栖))
解説(ベスト本格ミステリ2018(解説 遊井かなめ))

おすすめコメント

2017年に発表された本格ミステリの短編と評論から、本格ミステリのプロフェッショナルが選びぬいたベスト作品集!