• 本

大店の暖簾 下り酒一番

講談社文庫 ち6−2

出版社名 講談社
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-06-511822-1
4-06-511822-0
税込価格 691円
頁数・縦 282P 15cm

商品内容

要旨

上方の高級酒下り酒を扱う武蔵屋は、霊岸島の大店だ。だが先代亡きあと店は傾いていた。先代の妾腹三男の卯吉は、主にはなれない。主を継いだ長兄や義母に冷たくされながらも、手代の仕事に奔走する。江戸っ子が待ち望む灘桜の新酒千樽が武蔵屋の命綱。だが春の嵐のあと、船が行方不明に!

おすすめコメント

傾いた老舗の再建は店を興すよりむずかしい。主にはなれぬ卯吉が難事に立ち向かう。注目の時代小説作家の書下ろし新シリーズ、開幕!

著者紹介

千野 隆司 (チノ タカシ)  
1951年東京都生まれ。國學院大學文学部卒。’90年「夜の道行」で小説推理新人賞を受賞。時代小説のシリーズを多数手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)