• 本

未来の中国年表 超高齢大国でこれから起こること

講談社現代新書 2480

出版社名 講談社
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-06-512048-4
4-06-512048-9
税込価格 864円
頁数・縦 221P 18cm

商品内容

要旨

「人口」から見えてくる、本当の中国の未来。中国ビジネス関係者の新・必読書。

目次

2018年 中国でも「人口減少時代」が始まった―四二一家庭
2019年 首都・北京の人口もごっそり減る―積分落戸
2020年 適齢期の男性3000万人が「結婚難民」と化す―空巣青年
2021年 中国共産党100周年で「貧困ゼロ」に―脱貧攻堅
2022年 大卒が年間900万人を超え「大失業時代」到来―学歴通脹
2023年 世界一の経済大国となり中間層4億人が「爆消費」―消費革命
2024年 年間1200万人離婚時代がやってくる―中国式離婚
2025年 「中国製造2025」は労働力減少を補えるか―双創
2035年 総人口が減少しインドの脅威にさらされる―竜象打仗
2049年 建国100周年を祝うのは5億人の老人―未富先老

おすすめコメント

男性3000万人が結婚難民に(2020年)、建国100周年を祝う5億人の老人(2049年)ほか「人口」で読み解いた中国の未来

著者紹介

近藤 大介 (コンドウ ダイスケ)  
1965年生まれ。埼玉県出身。東京大学卒業。国際情報学修士。講談社入社後、中国、朝鮮半島を中心とする東アジア取材をライフワークとする。講談社(北京)文化有限公司副社長を経て、『週刊現代』編集次長。Webメディア『現代ビジネス』コラムニスト。『現代ビジネス』に連載中の「北京のランダム・ウォーカー」は、日本で最も読まれる中国関連ニュースとして知られる。2008年より明治大学講師(東アジア論)も兼任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)