• 本

ビールの科学 麦芽とホップが生み出す「旨さ」の秘密

カラー版

ブルーバックス B−2063

出版社名 講談社
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-06-512051-4
4-06-512051-9
税込価格 1,382円
頁数・縦 318P 18cm
シリーズ名 ビールの科学

商品内容

要旨

飲み方ひとつで「おいしさ」が変わる!続々登場する「新ビール」は何が「新しい」のか?クラフトビールの個性を引き出す「理想の飲み順」とは?醸造のしくみから、副原料選び、食材とのマリアージュの探り方まで、読むほどに飲みたくなる「ビール学」の決定版!

目次

第1章 「とりあえずビール」のその前に―いくつ知っていますか?ビール「基本の20題」
第2章 ビールはなぜ「おいしい」のか―コク、キレ、のど越しを科学する
第3章 「おいしいビール」はどう生まれるのか―醸造の科学と技術
第4章 明日もおいしく楽しもう!―「ビールの科学」最前線
第5章 人類とビールの5000年史―人はどのようにビールを造り、飲んできたか
第6章 ビールはどう進化するか―変わっていくもの、変わらないもの
第7章 科学的ビール堪能法―おいしく飲むための「三つの掟」
第8章 健康的にビールを楽しむ―長く楽しく、正しく付き合う
第9章 これぞマリアージュ!ビールと料理のハーモニーを楽しむ

おすすめコメント

人類に最も愛されるアルコール飲料は日進月歩で進化している!醸造技術はもちろん、缶や瓶に隠された美味しく飲むための秘密も詳解

著者紹介

渡 淳二 (ワタリ ジュンジ)  
京都大学農学部農芸化学科を卒業後、1980年サッポロビール株式会社入社。途中、東京大学農学部研究生、フィンランド国立技術研究所(VTT)visiting scientistなどを経て、2005年からサッポロビール価値創造フロンティア研究所所長を務めた。2008年3月より同社取締役執行役員、2014年3月よりサッポロホールディングス株式会社取締役。2017年同社常務取締役グループR&D本部長を退任、同社顧問、公益財団法人サッポロ生物科学振興財団理事長。ビールはもちろんのこと、あらゆるお酒に造詣が深く、お酒に合う料理の探究や酒類文化の啓蒙にも余念がない。博士(農学・東京大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)