• 本

AIで私の仕事はなくなりますか?

講談社+α新書 796−1C

出版社名 講談社
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-06-512364-5
4-06-512364-X
税込価格 929円
頁数・縦 221P 18cm

商品内容

要旨

「職場に人工知能」で働き方はこう変わる。グーグル、東大、トヨタ、三井住友銀行、パナソニックにズバリ尋ねた人工知能の可能性と雇用の未来。83歳が人工知能に挑む!

目次

序章 「雇用の未来」とAI
第1章 無料で開発ツールを公開するグーグルの深謀遠慮―グレッグ・コラード(グーグル・ブレイン創業者)
第2章 日本の人工知能研究はなぜ立ち遅れたのか―松尾豊(東京大学大学院工学系研究科特任准教授)
第3章 AIで自動運転、抗がん剤開発も。34歳社長の挑戦―西川徹(プリファード・ネットワークス社長)
第4章 日本の産業を「小作人」化の悪夢からどう救うか―柳瀬唯夫(経済産業省経済産業政策局長)、井上博雄(経済産業省経済産業政策局産業再生課長)
第5章 AI時代にトヨタは生き残れるか―ジェームス・カフナー(トヨタ・リサーチ・インスティテュートCTO)
第6章 「HomeX」―パナソニックの模索と「発想の転換」―馬場渉(パナソニックビジネスイノベーション本部副本部長)
第7章 ソニーはなぜジョブズに負けたのか―冨山和彦(経営共創基盤代表取締役CEO)
第8章 銀行は本当にリストラ不要か 三井住友銀行の決意―奥正之(三井住友フィナンシャルグループ名誉顧問)、谷崎勝教(三井住友フィナンシャルグループ取締役執行役専務)、太田純(三井住友フィナンシャルグループ取締役執行役副社長)
第9章 AIで否応なく広がる格差社会―井上智洋(駒澤大学経済学部准教授)
第10章 覇権を握るのは中国!?汎用コンピュータという究極の技術―山川宏(ドワンゴ人工知能研究所所長)

おすすめコメント

グーグル、アップル、アマゾン、トヨタ、パナソニック…世界中の企業がなだれを打って挑んでいるAI=人工知能。その核心をえぐる。

著者紹介

田原 総一朗 (タハラ ソウイチロウ)  
1934年、滋賀県生まれ。早稲田大学文学部卒業後、岩波映画製作所入社。東京12チャンネル(現テレビ東京)を経て、77年よりフリーに。活字と放送、ネットなど幅広いメディアで活躍。『朝まで生テレビ!』の司会などのほか、次世代リーダーを養成する「大隈塾」の塾頭も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)