• 本

心理学者が教える読ませる技術聞かせる技術 心を動かす、わかりやすい表現のコツ

ブルーバックス B−2064

出版社名 講談社
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-06-512463-5
4-06-512463-8
税込価格 1,080円
頁数・縦 235P 18cm

商品内容

要旨

会議での提案、学会発表、講演、道の案内板、上司の指示、コンピュータからのメッセージ、大学の教科書、商品のマニュアル(取扱説明書、操作説明書)、企画書、案内の地図や標識などなど。「どうすればわかりやすくなるか」を認知心理学の知見をフル活用して解説!

目次

認知表現学の基礎(わかる技術の基礎―人間の情報処理システム
表現の目的―自分を知る・心を解放する・伝える
表現する前に頭の中で起こっていること
さまざまな「わかり方」「わからせ方」)
認知表現学の実践(気持ちを引き込む表現の工夫―「わかりたい」「わかりそう」と思わせる
相手の知識の世界に配慮する
「読みたい」「聞きたい」気持ちにさせる表現の技術)

おすすめコメント

あふれる情報のなかで、読もうと思わせ、聞きたいと思わせるにはどうしたらいいか――明快に表現することが求められる現代の必読書

著者紹介

海保 博之 (カイホ ヒロユキ)  
1942年千葉県生まれ。筑波大学名誉教授。東京成徳大学名誉教授。1965年東京教育大学教育学部心理学科卒業、1968年同大学院博士課程中退。同年、徳島大学教育学部助手に就任、講師、助教授を経て、1975年筑波大学へ転任。1985年教育学博士、1991年心理学系教授となる。定年退職後、2006年より東京成徳大学応用心理学部教授。副学長、学長を務め、2017年退職。わかりやすい表現とヒューマンエラーの心理学研究が専門(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)