• 本

我が名は秀秋

講談社文庫 や75−2

出版社名 講談社
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-06-512589-2
4-06-512589-8
税込価格 994円
頁数・縦 449P 15cm

商品内容

要旨

秀俊は十三歳で豊臣家から、小早川隆景の養子に出される。隆景は秀吉の信頼厚く、毛利家内でも重きをなす。対面して秀俊は隆景の眼鏡に適い、秀俊も隆景に好感を持つ。翌々年、朝鮮への再出兵が決まり渡海準備のさなか、義父・隆景の訃報に接する秀俊。初めて感じた親子の情と決別し、「秀秋」と改名して出陣する。

おすすめコメント

戦国時代最大の合戦、関ヶ原の戦い。その勝敗の鍵を握った武将・小早川秀秋を、これまでの歴史観とは違った視点で描く長編歴史小説。

著者紹介

矢野 隆 (ヤノ タカシ)  
1976年福岡県生まれ。2008年『蛇衆』で第21回小説すばる新人賞を受賞。ゲームやコミックのノベライズ作品も執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)