• 本

東京の散歩道

講談社文芸文庫 くL1

出版社名 講談社
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-06-512647-9
4-06-512647-9
税込価格 2,052円
頁数・縦 299P 16cm

商品内容

要旨

戦災から復興を遂げ、明治百年を目前に沸き立つ東京。変貌していく街並みの背後に静かにたたずむ遺構や、明治・大正期の文豪ゆかりの地、作品の舞台を訪ねて在りし日の面影を浮かび上がらせた、街歩きのための絶好の案内書。昭和初期を代表する文芸評論家が描く修業時代の体験を元にした作家たちのエピソードや、市井の人々の話にはドキュメンタリーの魅力が横溢。

目次

第1の歩道 本郷から上野にいたる道
第2の歩道 上野千駄木町から団子坂をのぼる道
第3の歩道 谷中と根岸をめぐる静寂な道
第4の歩道 下町の趣にひたる道と路地
第5の歩道 江戸ざかいは今は昔の街道
第6の歩道 伝統のおもかげを追憶する漫歩道

おすすめコメント

昭和初期を代表する文芸評論家が、明治百年となる高度成長期の東京に在りし日の面影を浮かび上がらせた、街歩きための絶好の案内書。

著者紹介

窪川 鶴次郎 (クボカワ ツルジロウ)  
1903・2・25〜1974・6・15。文芸評論家。静岡県生まれ。金沢の第四高等学校を中退して上京、同窓だった中野重治と再会し、堀辰雄らとともに同人誌「驢馬」を創刊して、詩や小説を発表。その頃知り合った田島いね子(後の窪川いね子、佐多稲子)と結婚。30年、全日本無産者芸術団体協議会の機関誌「ナップ」の編集に携わり、評論を書き始める。戦後は「新日本文学」の創刊にかかわるが、次第に短歌研究への関心を深め、文学の現場からは離れていく(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)