• 本

107小節目から

出版社名 講談社
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-06-512665-3
4-06-512665-7
税込価格 1,404円
頁数・縦 238P 20cm

商品内容

要旨

泳いでいるとき、由羽来の頭の中には、音楽が流れている。それは、泳いでいる苦しさを忘れるため。そして、本当は音楽をやりたい自分を消してしまうため―。世界に一着しかない服を作る夢に破れて暴力を振るうようになった父と、家族への気持ちを言葉にしようとしない母のいる家で、由羽来も家族をあきらめている。父に命じられるままスイミングクラブで泳ぐ由羽来の心に、ドボルザークの交響曲「新世界より」が響くとき、彼女の世界は変わるのだろうか―。最後の一行まで小六の少女に寄り添って描かれた、切なくも優しい児童文学の誕生。

おすすめコメント

泳いでいるとき、由羽来の頭の中には音楽が流れている。交響曲「新世界より」の調べに乗せて、父からの支配から自立する少女を描く。

著者紹介

大島 恵真 (オオシマ エマ)  
1963年、静岡県生まれ。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒。制作会社にライターとして勤務後、フリーのライター、イラストレーター、ブックデザイナーとして活動。2017年、『107小節目から』で第58回講談社児童文学新人賞の佳作に入選した。校閲の仕事をしながら、作品を執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)