• 本

天皇の歴史 9

天皇と宗教

講談社学術文庫 2489

出版社名 講談社
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-06-512671-4
4-06-512671-1
税込価格 1,361円
頁数・縦 395P 15cm
シリーズ名 天皇の歴史

商品内容

要旨

天皇は祭祀を司り、時に自身が神と崇められた。三輪山を神体としたヤマト王権の大王祭祀。皇祖神を祀る伊勢神宮や大嘗祭。仏法に玉体護持を託した平安時代。神仏分離を経た近代の神道と国体。そして、象徴天皇が今も行う宮中祭祀。外来の文明である仏教やキリスト教といかに対峙し、受容してきたか。宗教と信仰の面から、天皇という存在の核心に迫る。

目次

第1部 「敬神」と「信心」と―古代〜近世(国家装置としての祭祀
鎮護国家と玉体安穏
「神事優先」と「神仏隔離」の論理
天皇の倫理―象徴天皇制の原像
神武天皇の末孫として)
第2部 宗教と向き合って―十九・二十世紀(祭政一致の名のもとに―十九世紀
宗教のめぐみ―十九世紀から二十世紀へ
天皇家の宗教
国体の時代―二十世紀前半
天皇制の果実―二十世紀後半)

おすすめコメント

伊勢神宮と大嘗祭の起源、神祇制度の変遷など、天皇の重要な側面を探究。古代の祭りから、仏教色に染まった中近世、現代の皇室まで。

著者紹介

小倉 慈司 (オグラ シゲジ)  
1967年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。宮内庁書陵部編修課を経て、国立歴史民俗博物館准教授。専攻は日本古代史
山口 輝臣 (ヤマグチ テルオミ)  
1970年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。九州大学大学院人文科学研究院准教授などを経て、東京大学大学院総合文化研究科准教授。専攻は日本近代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)