• 本

太平洋その深層で起こっていること

ブルーバックス B−2068

出版社名 講談社
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-06-512870-1
4-06-512870-6
税込価格 1,080円
頁数・縦 270P 18cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

広さ、深さともに「世界一の海」である太平洋。大規模な海水の循環は気温や気候の安定に貢献しており、海底火山や海底プレートの移動は大地震の原因となる。このように陸地での私たちの生活にも密接に関わる太平洋だが、こうしたダイナミクスや深海での出来事などは一般に知られていないのではないか。本書では、海水、海流といった液体としての“柔らかい”太平洋と、海底の固体としての“堅い”太平洋の両面から、総体としての太平洋がどのように動いているかを科学的に解説。その上で、とくに「海底」の凹凸をなす海溝と火山をめぐるトピックスにスポットを当て、いまだ謎深いその実態に迫る。著者は東京大学名誉教授で理学博士。北海道大学教授、東京大学大気海洋研究所教授を歴任した。研究船や潜水船によるフィールド調査のベテランで、化学的手法による海洋研究のための乗船観測は合計で1740日にも及ぶという。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2018年10月02日]

商品内容

要旨

宇宙飛行士が550人を数える時代に、1万m超の海溝底に到達したのは3人だけ!人類最後の秘境=深海底は、どんな世界で、何が起こっているのか?ハワイ島沖・水深1000mにひそむ火山の正体とは?古代天皇の名をもつ謎の海山群はなぜ生まれたのか?地球最深部からマグマを噴き出すホットスポットが移動する!?そして、マリアナ海溝の最下層に暮らす生物を襲う大異変とは?「最大にして最深の海」で繰り広げられるおどろきの地球史!

目次

第1部 太平洋とはどのような海か(「柔らかい」太平洋―広大な海を満たす水の話
「堅い」太平洋―その海底はどうなっているのか)
第2部 聳え立つ海底の山々(ハワイ沖に潜む謎の海底火山
威風堂々!天皇海山群の謎
島弧海底火山が噴火するとき―それは突然、火を噴く)
第3部 超深海の科学―「地球最後のフロンティア」に挑む(超深海に挑んだ冒険者たち―1万メートル超の海底を目指して
躍進する超深海の科学)

おすすめコメント

海洋化学の眼で解き明かす『地球最大の海』のふしぎ。ロングセラー『日本海 その深層で起こっていること』に待望の姉妹篇が登場!

著者紹介

蒲生 俊敬 (ガモウ トシタカ)  
東京大学名誉教授。1952年、長野県上田市生まれ。東京大学理学部化学科卒業、同大学院理学系研究科化学専攻博士課程修了。理学博士。北海道大学教授、東京大学大気海洋研究所教授を歴任。研究船や潜水船によるフィールド調査をこよなく愛し、化学的手法による海洋研究のための乗船観測は一七四〇日に及ぶ。また、深海潜水船での一五回の潜航経験をもつ。海洋の深層循環や海底温泉の研究により、文部科学大臣表彰(科学技術賞)・地球化学研究協会学術賞(三宅賞)・海洋立国推進功労者表彰(内閣総理大臣賞)などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)