• 本

天皇の歴史 10

天皇と芸能

講談社学術文庫 2490

出版社名 講談社
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-06-513024-7
4-06-513024-7
税込価格 1,404円
頁数・縦 387P 15cm
シリーズ名 天皇の歴史

商品内容

要旨

天皇の権威は、“芸能”によって確立した。『古今和歌集』などの勅撰和歌集は、なぜ二十一代も編纂され、和歌の伝統は戦乱の世をいかに乗り越えたのか。琵琶の後鳥羽天皇、今様の後白河天皇など、「声わざ」と管絃に生きた「芸能王」の系譜とは。立花の後水尾天皇や、茶の湯の後西天皇など、諸芸を愛好し学問に励んだ天皇の姿に、日本文化史の深層を探る。

目次

第1部 天皇と和歌―勅撰和歌集の時代(王朝和歌の成立
中世和歌の展開)
第2部 芸能王の系譜(芸能王の登場―声わざの帝王・後白河院
芸能王の確立―琵琶の帝王・後鳥羽院
両統迭立のなかの芸能―後深草院と後醍醐天皇)
第3部 近世の天皇と和歌(宮廷歌壇の充実
後水尾院をとりまく人々
歌壇の存続)
第4部 近世の天皇と芸能(天皇と学問・和歌
天皇の茶の湯)

おすすめコメント

天皇の権威の源泉は、「芸能」にある。和歌・管弦を極め、茶の湯や立花、学問に励んだ天皇の歴史から、日本文化の深層が見えてくる。

著者紹介

渡部 泰明 (ワタナベ ヤスアキ)  
1957年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科教授。専攻は和歌文学
阿部 泰郎 (アベ ヤスロウ)  
1953年生まれ。名古屋大学大学院文学研究科教授。専攻は中世の宗教文芸
鈴木 健一 (スズキ ケンイチ)  
1960年生まれ。学習院大学文学部教授。専攻は近世の文学、詩歌史
松澤 克行 (マツザワ ヨシユキ)  
1966年生まれ。東京大学史料編纂所准教授。専攻は日本近世史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)