• 本

子育てで一番大切なこと 愛着形成と発達障害

講談社現代新書 2491

出版社名 講談社
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-06-513133-6
4-06-513133-2
税込価格 907円
頁数・縦 242P 18cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

少子化が進行する日本において、次代を担う貴重な人材である子どもたちを、いかに健全に育てていくかは大きな課題の一つといえる。そのために押さえなくてはならないキーワードの一つが「愛着」だ。乳幼児期の愛着形成は、大人になってからのビジネスや日常生活の人間関係などにも影響を及ぼすのだという。本書では、愛着形成、またそれとも深く関係する、近年の育児や教育における重要課題である「発達障害」を中心テーマに、「子育ての基本」を詳しく解説。家庭だけでなく、里親や児童養護施設など社会で子どもを育てる仕組みについても言及している。なお本書は架空の会話中心のストーリー仕立てとなっており、育児の本を出版しようと目論む女性編集者・橋本ミサキが、医大に勤務する児童精神科医・杉本喜一教授(著者がモデル)らを取材するという設定で書かれている。著者は、浜松医科大客員教授、福井大学子どものこころの発達研究センター客員教授を務める児童精神科医。発達障害をテーマとする多数の著書がある。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2018年10月30日]

商品内容

要旨

親の長時間労働、子どもの貧困、教育支援の不足、発達障害の増加…。現代社会が孕む、根本的な問題をどう乗り越えるのか。『発達障害の子どもたち』『発達障害のいま』に続く一冊。児童精神科医から見た、子育ての基本がわかる決定版。

目次

序章 児童精神科医から見た現代の子育て
第1章 子育ての基本
第2章 愛着を巡って
第3章 発達障害を考える
第4章 発達障害と愛着障害
第5章 『幸福な王子』と子どもの貧困問題
第6章 乳幼児期の自立と躾
第7章 小学生時期の子育て
第8章 社会で子どもを育てるということ
第9章 残された課題

おすすめコメント

発達障害研究の第一人者が解く、今の子どもたちにとって本当に必要な子育ての方法。

著者紹介

杉山 登志郎 (スギヤマ トシロウ)  
1951年、静岡市に生まれる。1976年、久留米大学医学部卒業。久留米大学医学部小児科、名古屋大学医学部精神科、静岡県立病院養心荘、愛知県心身障害者コロニー中央病院精神科医長、カリフォルニア大学留学、名古屋大学医学部精神科助手、静岡大学教育学部教授を経て、2001年、あいち小児保健医療総合センター心療科部長兼保健センター長。2010年、浜松医科大学児童青年期精神医学講座教授。現在、同大学客員教授、福井大学子どものこころの発達研究センター客員教授。日本小児精神神経学会常務理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)