• 本

昭和期デカダン短篇集

講談社文芸文庫 みM1

出版社名 講談社
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-06-513300-2
4-06-513300-9
税込価格 2,268円
頁数・縦 406P 16cm

商品内容

要旨

敗戦後の昭和二十年代、そして高度経済成長と新左翼運動の昭和四十年代。世を根底から疑い、これに背を向け、あるいは反逆しようとする「デカダン文学」なるものが、とりわけこの二つの時代を中心に現れ出た。頽廃、厭世、反倫理、アナーキー、およびそこからの反転。昭和期のラディカルな文学的実践十三編を照射し、その背後に秘められた思想的格闘を巨視的に読みなおす。

おすすめコメント

頽廃、厭世、反倫理、アナーキーと称される「デカダンス」の背後に秘められた思想的格闘を、昭和のデカダン短篇から読み解く。

著者紹介

道籏 泰三 (ミチハタ タイゾウ)  
1949・10・8〜。専門領域はドイツ文学・思想。1976年京都大学文学部独文科卒。79年同大学院修士課程修了。弘前大学を経て98年京都大学教授。2015年京都大学定年退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)