• 本

老いた家衰えぬ街 住まいを終活する

講談社現代新書 2504

出版社名 講談社
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-06-514166-3
4-06-514166-4
税込価格 924円
頁数・縦 206P 18cm

商品内容

要旨

すでに戸建ての4軒に1軒、約720万戸が空き家予備軍…あなたの家は大丈夫ですか?住まいのトリアージ、お試し賃貸、空き家バンク、リースバック、安心R住宅…あなたの家を救う秘策はある!書き込み式「住まいの終活ノート」でリスク回避を!全国の「空き家予備軍率ランキング」も一挙掲載!

目次

第1章 国民病としての「問題先送り」症候群(「問題先送り空き家」の実態
誰のものかわからない戸建て、分譲マンション ほか)
第2章 他人事では済まされない相続放棄(相続放棄というサイレントキラー
相続放棄空き家への対応には限界がある ほか)
第3章 世界でも見られる人口減少という病(アメリカ・ドイツ・韓国の人口減少都市
デトロイト市ランドバンクの取り組み ほか)
第4章 空き家を救う支援の現場から(住まいのトリアージとは何か
空き家バンクの最前線―島根県江津市の尽力 ほか)
第5章 さあ、「住まいの終活」を始めよう(住まいの終活、その手順
民間市場で流通性がある戸建ての選択肢 ほか)

おすすめコメント

大死亡時代の到来で「空き家問題」は一層深刻さを増す。今からあなたにできる対策は?特別付録「住まいの終活ノート」に書き込もう。

著者紹介

野澤 千絵 (ノザワ チエ)  
兵庫県生まれ。1996年、大阪大学大学院修士課程修了後、ゼネコン勤務を経て、2002年、東京大学大学院博士課程修了。博士(工学)。東京大学特任助手などを経て、2007年より、東洋大学理工学部建築学科准教授。2015年より同教授。専門は、都市計画・まちづくり。国土交通省社会資本整備審議会「都市計画基本問題小委員会」委員をはじめ、様々な自治体の都市政策や空き家対策に関わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)