• 本

人類はどこへ行くのか

講談社学術文庫 2516 興亡の世界史

出版社名 講談社
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-06-514410-7
4-06-514410-8
税込価格 1,490円
頁数・縦 407P 15cm

商品内容

要旨

歴史を問うことは、現在を問うことである。急増する人口と資源、海から見た人類の拡散と定住の歴史、宗教がもたらす対立と共生、世界史のなかの日本、そして、人類誕生の地・アフリカの現状。新たな世界史像を日本から発信することをめざして、文明の来し方とこれからをマクロな視点で通観し、現代人が直面する問題へのヒントを探る。シリーズ最終巻。

目次

第1章 世界史はこれから―日本発の歴史像をめざして
第2章 「一〇〇億人時代」をどう迎えるか―人口からみた人類史
第3章 人類にとって海はなんであったか
第4章 「宗教」は人類に何をもたらしたか
第5章 「アフリカ」から何がみえるか
第6章 中近世移行期の中華世界と日本―世界史のなかの日本
第7章 繁栄と衰退の歴史に学ぶ―これからの世界と日本

おすすめコメント

新たな世界史像は、日本から発信できる。人口問題、海と環境、宗教の歴史、紛争が続くアフリカなどを多角的に論じる。全21巻完結。

著者紹介

福井 憲彦 (フクイ ノリヒコ)  
1946年東京都生まれ。東京大学文学部卒業。同大学院人文科学研究科博士課程中退。学習院大学教授、同大学長を経て、学習院大学名誉教授
杉山 正明 (スギヤマ マサアキ)  
1952年静岡県生まれ。京都大学文学部卒業。同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。京都大学教授を経て、京都大学名誉教授
大塚 柳太郎 (オオツカ リュウタロウ)  
1945年群馬県生まれ。東京大学理学部卒業。同大学院理学系研究科修士課程修了。理学博士。国立環境研究所理事長を経て、一般財団法人自然環境研究センター理事長。東京大学名誉教授
応地 利明 (オウジ トシアキ)  
1938年大阪市生まれ。京都大学文学部卒業。同大学院文学研究科博士課程退学。文学博士。京都大学名誉教授
森本 公誠 (モリモト コウセイ)  
1934年兵庫県生まれ。京都大学文学部卒業。同大学院博士課程修了。文学博士。華厳宗管長・東大寺別当を経て、東大寺長老
松田 素二 (マツダ モトジ)  
1955年広島県生まれ。京都大学文学部卒業。ナイロビ大学大学院修士課程を経て、京都大学大学院文学研究科博士課程中退。現在、京都大学大学院文学研究科教授
朝尾 直弘 (アサオ ナオヒロ)  
1931年大阪府生まれ。京都大学文学部卒業。同大学院博士課程修了。文学博士。京都大学名誉教授。文化功労者
青柳 正規 (アオヤギ マサノリ)  
1944年大連生まれ。京都大学文学部美術史学科卒業。同大学院入学。文学博士。東京大学教授、国立西洋美術館館長、文化庁長官などを経て、日本学士院会員、東京大学名誉教授、山梨県立美術館館長
陣内 秀信 (ジンナイ ヒデノブ)  
1947年福岡県生まれ。東京大学大学院工学系研究科博士課程単位取得退学。工学博士。法政大学デザイン工学部建築学科教授を経て、法政大学特任教授
トビ,ロナルド (トビ,ロナルド)   Toby,Ronald
1942年アメリカ・ニューヨーク州生まれ。コロンビア大学文学部博士課程修了。文学博士。コロンビア大学、東京大学教授などを経て、イリノイ大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)