• 本

倒叙の四季 破られた完全犯罪

講談社文庫 ふ73−7

出版社名 講談社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-06-514596-8
4-06-514596-1
税込価格 748円
頁数・縦 313P 15cm

商品内容

要旨

春夏秋冬と不審死が発覚!四人の人物がいずれも“完全犯罪完全指南”という裏ファイルに従い、物的証拠を残さずに遺恨ある相手を殺害したのだ。警視庁捜査一課・海埜刑事の聴取にも、物証がなければ捕まらないと否認を続ける犯人たちだが、海埜は丹念に真相を探っていく。完全犯罪を目論んだ隠蔽工作の結末は…。

おすすめコメント

完全犯罪を目論んだ犯人はどこでミスを犯したのか? 『最後のトリック』『ミステリー・アリーナ』の著者による倒叙の傑作ミステリ!

著者紹介

深水 黎一郎 (フカミ レイイチロウ)  
1963年、山形県生まれ。慶應義塾大学卒業。2007年に『ウルチモ・トルッコ』で第36回メフィスト賞を受賞してデビュー。2011年に短篇『人間の尊厳と八〇〇メートル』で、第64回日本推理作家協会賞を受賞。2015年刊『ミステリー・アリーナ』が同年の「本格ミステリ・ベスト10」で第1位に輝く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)