• 本

加藤清正 豊臣家に捧げた生涯

講談社文庫 こ74−6

出版社名 講談社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-06-514935-5
4-06-514935-5
税込価格 1,037円
頁数・縦 542P 15cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

「賎ヶ岳の七本槍」として天下に名を馳せ、朝鮮出兵では亀神のごとき働きをした加藤清正。豊臣秀吉没後は石田三成と対立し、心ならずも徳川家康に接近する。だが清正の思惑ははずれ、関ヶ原で大勝した家康は専横を極めていく。秀吉の遺児・秀頼を守るため、清正が打った次の一手とは!

著者紹介

近衛 龍春 (コノエ タツハル)  
1964年埼玉県生まれ。大学卒業後、しばしオートバイレースに没頭。その後、通信会社勤務を経て、フリーライターに転職。1997年『時空の覇王』で作家デビューする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)