• 本

植村直己 冒険に生きる

講談社火の鳥伝記文庫 19

出版社名 講談社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-06-515228-7
4-06-515228-3
税込価格 814円
頁数・縦 231P 18cm

商品内容

要旨

植村直己は、1941年、兵庫県に生まれた登山家、冒険家です。ひとりで外国の山々を登ったり、アマゾン川をイカダでくだったりしたのち、日本人初のエベレスト登頂、世界初の五大陸最高峰登頂を成しとげました。その後、新たな冒険である極地探検に挑み、犬ゾリで北極圏1万2000キロメートルを完走。そして、世界の北の果て、北極点にも到達しました。植村直己は、大自然にひとり立ちむかい、命がけの冒険をつづけたのです。小学上級から。

目次

山へのあこがれ
アメリカで資金かせぎ
ヨーロッパでの生活
南米大陸での冒険
世界最高峰エベレスト
五大陸最高峰
南極大陸への夢
イヌイットとの生活
北極圏1万2000キロメートル
北極点へ
遠のく夢
厳冬期マッキンリー

おすすめコメント

背が小さく、よく転ぶので「どんぐり」とあだ名された青年は、やがて日本を代表する冒険家となった――。冒険家、植村直己の生涯。

著者紹介

岩貞 るみこ (イワサダ ルミコ)  
ノンフィクション作家、モータージャーナリスト。1962年生まれ。横浜市出身。モンブラン登頂経験をもつ
曽田 正人 (ソダ マサヒト)  
漫画家。1968年、東京都生まれ。小学2年生のときから漫画を描きはじめる。日本大学藝術学部中退後、アシスタントを経て「マガジンSPECIAL」より『GET ROCK!』でデビュー。『め組の大吾』で第42回小学館漫画賞少年部門、第2回文化庁メディア芸術祭コミック部門優秀賞受賞、『capeta』で第29回講談社漫画賞少年部門受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)