• 本

青空に飛ぶ

講談社文庫 こ65−5

出版社名 講談社
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-06-516580-5
4-06-516580-6
税込価格 814円
頁数・縦 349P 15cm

商品内容

要旨

青空の下、中学二年の萩原友人は、屋上から飛ぶことを考えていた。死んでしまえば、いじめは終わる―。そんな時出会ったのは、九回出撃し生きて帰ってきた元特攻隊員の佐々木友次。彼はなぜ生き抜くことができたのか。友人は一冊の本を手に取る。時代を超えて「生きる」とは何かを問う、心揺さぶる感動の一作。

おすすめコメント

人生に絶望した孤独な少年が出逢ったのは、「不死身の特攻兵」と呼ばれた人だった。過去と今と、「生きること」をめぐる奇跡の物語。

著者紹介

鴻上 尚史 (コウカミ ショウジ)  
1958年8月2日、愛媛県生まれ。早稲田大学法学部卒業。作家・演出家・映画監督。大学在学中の’81年、劇団「第三舞台」を旗揚げする。’87年『朝日のような夕日をつれて’87』で紀伊國屋演劇賞団体賞、’94年『スナフキンの手紙』で岸田國士戯曲賞を受賞。2008年に旗揚げした「虚構の劇団」の旗揚げ三部作戯曲集「グローブ・ジャングル」では、第61回読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞した。現在は「KOKAMI@network」と「虚構の劇団」を中心に幅広く活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)