• 本

漢方医学 「同病異治」の哲学

講談社学術文庫 2574

出版社名 講談社
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-06-516949-0
4-06-516949-6
税込価格 1,056円
頁数・縦 232P 15cm

商品内容

要旨

江戸時代に吉益東洞(一七〇二‐一七七三)が礎をつくり、華岡青洲(一七六〇‐一八三五)が西洋医学と融合させ、独自の進化を遂げた日本漢方医学。同じ病でも人により治療が異なる「同病異治」の哲学とは何か?超高齢社会で多病を抱える患者への対応、がん治療への補助療法としての期待が高まる今、病との付き合い方を変える、東洋思想医学の可能性を考察する。

目次

第1章 漢方とは何か
第2章 漢方という「思想」
第3章 現代漢方の使い方―「治療」の章その一
第4章 漢方による実際の治療例―「治療」の章その二
第5章 漢方を賢く使用する方法
第6章 漢方医学の抱える課題

おすすめコメント

同じ病名でも本来、症状は100人100様。「同病異治」の哲学のもと、独自の進化を遂げた日本漢方医学の、知られざる神髄を学ぶ!

著者紹介

渡辺 賢治 (ワタナベ ケンジ)  
修琴堂大塚医院院長。慶應義塾大学医学部漢方医学センター客員教授。神奈川県・奈良県顧問。漢方産業化推進研究会代表理事。WHO国際疾病分類伝統医学分類委員会共同議長。1984年、慶應義塾大学医学部卒。米国スタンフォード大学留学。慶應義塾大学医学部漢方医学センター長、慶應義塾大学環境情報学部教授、医学部兼担教授を経て2019年から現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)