• 本

資本主義に出口はあるか

講談社現代新書 2536

出版社名 講談社
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-06-517016-8
4-06-517016-8
税込価格 990円
頁数・縦 273P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

ネオ・リベラリズムのその先に、新しい社会はありえるだろうか?この社会だけが、人間が生きる社会の最適解ではない。本当の「自由」と「平等」を、ゼロ地点から立ち上げる社会の実現へ。

目次

序 社会って、こういうもの?―ゼロから社会を見直すこと
第1章 この社会はどんな社会なのか―「右/左」の対立の本質
第2章 いまはどんな時代なのか―「ロック/ルソー」で辿る近現代史(「ロック/ルソー」の揺れ動きとしての近現代史
アダム・スミスの道徳論 ほか)
第3章 いま社会で何が起きているのか―ネオ・リベラリズムの「必然性」(戦後国際秩序の成立:モンロー主義の普遍化
国際連合とアメリカ ほか)
第4章 資本主義社会の「マトリックス」を超えて(共通の前提:「我思う、故に我あり」
「私」という罠 ほか)

おすすめコメント

新自由主義がもたらす現代の苦悩…本当に「この社会しかありえない」のだろうか? 気鋭の哲学者が描く歴史の法則と未来への道標。

著者紹介

荒谷 大輔 (アラヤ ダイスケ)  
1974年生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得退学。博士(文学)。現在、江戸川大学基礎・教養教育センター教授・センター長。専門は、哲学・倫理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)