• 本

小名木川

講談社文庫 あ129−8 九頭竜覚山浮世綴 4

出版社名 講談社
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-06-517083-0
4-06-517083-4
税込価格 770円
頁数・縦 348P 15cm

商品内容

要旨

元柳橋芸者ばかりが店子の貸家をいとなむ信兵衛が、若い囲い女と死んでいるのが見つかった。相対死か殺しか、北町奉行所定町廻りの喜平次は、覚山に疑念を持ちかける。一方、人気芸者友助に惚れている船頭の松吉は、落籍話を耳にしてすっかり落ちこむのだった。深川人情シリーズ第四弾!

おすすめコメント

学者にして剣客、花街の用心棒九頭竜覚山。売れっ子芸屋の友助のめでたい落籍話に、船頭松吉は嘆く。だがその裏にあったのは!?

著者紹介

荒崎 一海 (アラサキ カズミ)  
1950年沖縄県生まれ。出版社勤務を経て、2005年に時代小説家としてデビュー。たしかな考証に裏打ちされたこまやかな江戸の描写に定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)