• 本

平治物語 全訳注

講談社学術文庫 2578

出版社名 講談社
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-06-517181-3
4-06-517181-4
税込価格 2,233円
頁数・縦 647P 15cm

商品内容

要旨

源義朝の長男、悪源太義平がわずか十七騎で、五百余騎を蹴散らす痛快な合戦、幼い子を守るため我が身を差し出す常葉の哀しい決断、運命の少年、頼朝の姿…。平治の乱(一一五九年)を題材に、敗れゆく源氏の悲哀と再興の予兆を描いた物語を、伝本の中でも個性豊かな登場人物と起伏に富んだストーリーで知られる四類本から現代語に訳した決定版!

目次

上巻(序
信頼・信西不快の事
信頼信西を亡ぼさるる議の事 ほか)
中巻(待賢門の軍の事付けたり信頼落つる事
義朝六波羅に寄せらるる事并びに頼政心替りの事
六波羅合戦の事 ほか)
下巻(頼朝奥波賀に下著の事
義朝内海下向の事付けたり忠致心替りの事
金王丸尾張より馳せ上る事 ほか)

おすすめコメント

『平家物語』前夜、運命の舞台はここに調った――。流麗な原文と現代語訳、詳細な注で、躍動する物語世界が隅々まで楽しめる一冊!

著者紹介

谷口 耕一 (タニグチ コウイチ)  
1947年生まれ。千葉大学人文学部人文学科卒業。専門は、日本中世文学
小番 達 (コツガイ トオル)  
1967年生まれ。千葉大学大学院社会文化科学研究科博士課程修了。現在、名桜大学教授。専門は、日本中世文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)