• 本

かがみとチコリ

講談社の創作絵本

出版社名 講談社
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-06-517215-5
4-06-517215-2
税込価格 1,650円
頁数・縦 〔32P〕 23cm

商品内容

要旨

女の子が生まれ、成長し、恋をして、大人になる。それを見ていたのは、鏡。

おすすめコメント

ひとりの女の子が生まれ、成長し、恋をし、大人になる。それをずっと間近で見ていたのは、鏡。国際アンデルセン賞受賞作家の最新作。

著者紹介

角野 栄子 (カドノ エイコ)  
1935年生まれ。早稲田大学教育学部英語英文学科卒業。1959年ブラジルに出かけて2年間滞在、帰国後、絵本・童話の創作をはじめる。ブラジルでの体験をもとにした『ルイジンニョ少年 ブラジルをたずねて』(ポプラ社)でデビュー。『わたしのママはしずかさん』(偕成社)、『ズボン船長さんの話』(福音館書店)で路傍の石文学賞、『大どろぼうブラブラ氏』(講談社)で産経児童出版文化賞大賞、『魔女の宅急便』(福音館書店)で野間児童文芸賞・小学館文学賞を受賞。これまでの業績に対して、2011年に巌谷小波文芸賞、2013年に東燃ゼネラル児童文化賞、2018年に国際アンデルセン賞作家賞を受賞
及川 賢治 (オイカワ ケンジ)  
1975年生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。竹内繭子とともに、100%ORANGEとして活動している。イラストレーション、漫画、デザイン、アニメーション、広告などの仕事をするかたわら、ライフワークとして自身のイラスト、デザインでオリジナルグッズも作成、販売している。2008年『よしおくんがぎゅうにゅうをこぼしてしまったおはなし』(岩崎書店)で日本絵本大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)